So-net無料ブログ作成

~さようならDD51~ [鉄道]

日が経つごとに減っていくDD51。
全盛期は全国のどこでも走っていた凸型ディーゼル機関車ですが老朽化が進み、
後から生まれた機関車に役目を譲ってきています。
徐々に北海道からも貨物用のDD51は姿を消し、とうとう数台にまで台数は激減しました。
ちょっと前までは石油輸送を2重連という形で牽引していたのですがそれも廃止になりDD51の充当はなくなっていきました。
そんなDD51でも全国で北海道の石北線でしか運行されない貨物が健在していました。
冬季のみで運行されていた「通称:タマネギ列車」です。
旭川~北見間をDD51 2台でプッシュプル(後押し)で牽引する非常に珍しい列車です。
その存在に気づいたのは中学生のときでした。
何回か撮影しにも行きました。
当時は一日3往復で走っていたのでバスに乗って撮影地に行くにも余裕があったのですが、
後にタマネギ列車は一日一往復に。それも運行時間は早朝5時前の一本のみです。
冬季しか運行されないので朝方は冷え込みも厳しく、また外も暗いので撮影には向かなく断念していました。
それから月日が経ち昨日、Twitterを開いていたら「DD51がタマネギ列車から運用離脱」という記事を目にしました。
すぐさま詳細を調べるとDD51が運用を離脱するのはなんと次の日(4月19日)でした(当時4月18日)。
迷いはありませんでした。雪もほぼ融けてたし車の免許も持っているので撮影に行こうと決心しました。

撮影した場所はJR石北線 南永山~東旭川間です。
1397915284589.jpg
(南永山方面を望む)
1397915297643.jpg
(東旭川方面を望む)
通過時刻はAM4時53分でした。
踏み切りの向こうから姿を現した2つ目で赤いディーゼル機関車。
独特のエンジン音と共に目の前を通過していった11両の貨車。
先頭と最後尾には国鉄時代から北海道中を走り続けた2台のDD51(前:DD51 1089、後:DD51 1165)。
最後の勇姿を収めた動画がこちらになります。



手を振ると運転手さんが汽笛を鳴らしてくれるだけでなく、こちらを見て親指を立てて合図を返してくださいました。
一瞬の出来事でしたが撮影は大成功です。
貨物色のDD51を見れなくなるのは非常に残念ですが、長年北海道を支えてきてくれたDD51にお疲れ様と…。





☆さようなら、ありがとう凸DD51凸☆




nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 3

FTドルフィン

最後に、素晴らしい撮影が出来ましたね!

DD51は僕も大好きな機関車です
昔は東京でも、八高線で重連運用が見られました。
震災の時の磐越西線でも石油輸送の活躍も
頼もしかったですね。

うちのレイアウトには、3両います!!(笑

by FTドルフィン (2014-04-20 08:20) 

yukki

FTドルフィンさん

本当に行ってよかったです!

確かにDD51は被災地でも活躍して話題になりましたね!

家には自分の模型に赤2両、青2両(廃車)。
父の模型に赤1両、青3両が在籍してます(笑)
by yukki (2014-04-20 19:06) 

teruteru

C61並みの高速性能(C62より若干劣ってました)とD51並みの牽引力で、わずか15年で国鉄の無煙化達成に貢献したDD51。
最近の機関車と比較して、高速性能も牽引力も劣り、老朽化で引退。
長い活躍期間の割りに地味な終わり方だったのが残念です。

ご存知とは思いますが、高速性能は出力で、牽引力は動輪荷重で決まります。

DF200牽引のカシオペアを見たいです。
by teruteru (2014-06-23 23:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。