So-net無料ブログ作成
検索選択

さようなら711系、北海道の車両達 [鉄道]

新しい地での学校生活が始まり多忙の毎日を送っております(笑)


2015年3月、赤い電車として親しまれた北海道で初めての電車という大役を飾った711系が本線から姿を消しました。
本線離脱後は苗穂工場へ廃車回送された編成と室蘭方面へ疎開された編成に分かれました。
苗穂に入った編成は苗穂工場で解体、疎開された編成は昨日陣屋町臨海線に入場し北海道型の24系と共に解体されるそうです。

そんな中一般からの要望で711系2両が岩見沢に保存されることが決定しました!
整備もされるみたいなので末永く余生を送ってほしいと思います。
711系は小さかった僕に夢と希望を与えてくれた電車でした。
いつかは廃車になるとわかっていたけれどあまりにも急にやってきて動揺を隠せません。
また最近は動きを見せていなかった車両が次々と廃車解体されているのもとても驚いています。
711系の廃車後、キハ400系お座敷車両2両が解体されました。
さらにキハ183系お座敷車両の先頭車がHET色に変更され中間車のキハ182‐6001が解体されました。
またキハ283系の試作車である900番台も廃車登録となったようです。
使用していない車両達が経過年数を問わず次々と廃車になってしまっています。
我々鉄道ファンのカメラの対象となっていた車両達がどんどん姿を消してしまって寂しいです。




↓↓↓711系のさよなら動画を作りました↓↓↓

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。