So-net無料ブログ作成
新得・島ノ下 鉄分補給 ブログトップ

3月4日 2434D 滝川到着ATS音 [新得・島ノ下 鉄分補給]

滝川駅に到着する際に流れる車内放送と運転席のATS(自動列車停止装置)です。

録音車両:キハ40 1765
列車名:普通[浦幌(うらほろ)~帯広~滝川]
編成:キハ40 1765
録音:ken2
編集:yukki
画像撮影:ken2







「ご乗車ありがとうございました。
まもなく終点滝川です。滝川ではすべてのドアが開きます。
運賃、切符は整理券と一緒に駅係員へお渡し下さい。
定期券の方はわかりやすいよう駅係員へお見せ下さい。
お乗換えのお客様で切符、定期券をお持ちで無い方は、駅窓口で切符をお求め下さい。
お乗換え時間の少ないお客様は、整理券をそのままお持ちになり
乗り換え列車の乗務員にお申し出下さい。
乗り換え列車は、駅ホームの乗り換え案内板で、時刻と乗り場をお確かめ下さい。
お降りの際はお忘れ物のないよう、お支度してお待ち下さい。
車内禁煙にご協力いただきましてありがとうございました。
本日はJR北海道をご利用いただきましてありがとうございました。」


キハ40 1765.JPG
島ノ下にて




快速狩勝 旭川駅発車後車内放送 [新得・島ノ下 鉄分補給]

旭川駅発車後に流れる車内放送です。

録音車両:キハ150 6 
列車名:快速狩勝(旭川~富良野~帯広) 
編成:キハ150 6(for 帯広)+キハ150 1(for 富良野)
録音:ken2 
編集:yukki




「ご利用いただきましてありがとうございます。
 この列車は帯広行き ワンマン列車です。
 前乗り、前降りでご利用いただきます。
 運賃は運賃表示機でお確かめの上、つり銭のいらないようご用意ください。
 途中、
 [西中(にしなか)、鹿内(しかうち)、学田(がくでん)、布部(ぬのべ)、
 下金山(しもかなやま)、東鹿越(ひがししかごえ)、羽帯(はおび)、
 大成(たいせい)、柏林台(はくりんだい)]
 には止まりませんので、ご注意ください。
 この列車は、終点まで車内禁煙となっておりますので、お煙草はご遠慮ください。
 富良野では、後ろ一両が切り離しとなります。
 富良野から帯広までは快速ワンマン列車として運転します。
 なお、走行中やむを得ず急ブレーキを使用することがありますのでご注意ください。
 次は、神楽岡(かぐらおか)です」

 
 英語説明:略



新得・島ノ下 鉄分補給 ぷち旅行③ [新得・島ノ下 鉄分補給]

新得駅で天ぷらそばを食べ終え、新得駅を後にします。




次に向かうのは島ノ下です。

120304_1125~02.jpg
120304_1125~01.jpg
滝川行き キハ40 1755

島ノ下駅は根室線の駅で富良野駅の一つ手前です。
来るときは富良野線から来ましたが、帰りは根室線を通っていきます。

120304_1550~01.jpg
120304_1317~01.jpg
島ノ下駅

島ノ下の感想は、富良野ってこんなに山奥の地域があったんだということですw
目的は銭湯です。

120304_1523~01.jpg
富良野ラテール

僕たちはここまで歩いてきましたが、坂がなかなかきついので車かタクシーをお勧めしたいと思います…。

露天風呂付きできれいな銭湯でした。この日はちょっと曇り気味だったので露天風呂からの景色はイマイチでしたが、
天気のいい日はいい景色が見れると思います。



ここから滝川までは途中下車もしませんし売店もないので腹ごしらえ。
ちょうどお腹が空いてきたころなのでね(笑)

120304_1441~01.jpg
カレーを注文しました。ルーはスープカレーみたいなかんじでした。
おいしかったですよ^^ 他にもメニューは豊富でした。今回は行ってませんが2階に食堂があるんだとか?



富良野ラテールを後にして、上ってきた坂をひたすら下りますww

ちょっと早めに着いたので島ノ下駅を見学。無人駅です。駅ノートが置かれてました。
待合室は、列車を待つには十分な設備だと思います。





島ノ下~滝川、滝川~旭川のルートで帰ります。




120304_1838~01.jpg
711系 S-107編成 







しばらく鉄道旅行をしていなかったので、とても楽しかったです。
鉄分補給完了ですwww





新得・島ノ下 鉄分補給 ぷち旅行② [新得・島ノ下 鉄分補給]

富良野駅で切り離し作業を終え、単機の状態で帯広方面へ向かって走行します。

富良野から新得までは、

布部(ぬのべ)、山部(やまべ)、下金山(しもかなやま)、金山(かなやま)、東鹿越(ひがししかごえ)、幾寅(いくとら)、落合(おちあい)

の駅を通ります。

幾寅駅には「ぽっぽや号」という列車で使用された気動車が、保存されています。

落合から新得までの間はほとんどトンネルになります。

トンネル内またはトンネルとトンネルの間にある、

上落合信号場(かみおちあい)、新狩勝信号場、広内信号場(ひろうち)、西新得信号場

に一時停車します。

昔は現在の「新狩勝トンネル」を抜けるのではなく、狩勝峠を上っていたそうです。
その時代に、落合と新得の間には「新内(にいない)」という駅が設置されていたようです。
新得に向かって進行方向左側に「新内」の「新」の文字が錆びて読めなくなった状態の駅名が書かれた看板が、ぽつんと線路際に立っていました。

現在、新内駅は作業用の軌道自転車を利用したトロッコ鉄道の駅として利用されている模様です。





そんな歴史深い峠を越えて、新得駅に到着しました。
今回の目的は新得駅内にある「新得そば」を食べることです!
120304_1111~01.jpg
キオスクの後ろ側にあります。
ここのおすすめは「天ぷらそば」との事だったので、天ぷらそばを注文しました。

120304_1114~01.jpg
これは食べて絶対に損はないです!
ものすごくおいしかったです。大げさかもしれないですが、すごくおいしかったです!
僕は札幌駅の「きつねそば」が大好きなんですが、ここのおそばもランクインです(笑)
僕もおすすめするおそばです^^






新得・島ノ下 鉄分補給 ぷち旅行① [新得・島ノ下 鉄分補給]

2012.3.4.

鉄分補給のため、新得方面へ行ってきました(笑)
久しぶりの乗り鉄旅行なのでテンション↑↑でしたwww

乗ったのは帯広行き「快速 狩勝」です。
120304_0902~01.jpg

編成は

キハ150 6+キハ150 1
帯広行き  富良野行き

の2両編成でした。


120304_0736~01.jpg
120304_0737~01.jpg
120304_0738~01.jpg





まずは富良野へ。
富良野駅では、後ろのキハ150 1が切り離されます。

120304_0858~01.jpg
120304_0859~02.jpg
120304_0859~05.jpg
キハ150 6 後方貫通扉から

120304_0859~04.jpg
120304_0900~01.jpg






ここからは単機で帯広方面へ向かいます。







120304_0904~01.jpg

120304_0748~01.jpg


新得・島ノ下 鉄分補給 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。